~臓器提供の意思表示にご協力ください~
お気軽にお問い合わせください!
024-521-9027
[受付] 8:30~17:15(平日)

お知らせ

ホーム > お知らせ > 【おしらせ】オリジナルピンバッジを作製しました

【おしらせ】オリジナルピンバッジを作製しました

今回、福島県を代表する民芸品”赤べこ”に”グリーンリボン”をあしらったオリジナルピンバッジを作製しました!

グリーンリボンは、世界的な移植医療のシンボルマークです。
臓器提供者(ドナー)と移植が必要な患者(レシピエント)の、いのちの繋がりを表現しています。

赤べこには数多くの言伝えがありますが…
今回は約1200年前に柳津町にある、
圓蔵寺建て替えの際に活躍したお話をご紹介します。
圓蔵寺はとても険しい崖の上にあり、当時の人々は只見川を利用して運ばれてきた木材を上まで運搬するのにとても苦労しました。
そこへ現れたのが”赤毛の牛”たち!
赤毛の牛たちが運搬を手伝ったことで圓蔵寺のお堂は見事完成し、「赤べこ伝説」として伝えられるようになったそうです。

私たちはこの赤べこのように、ドナーとレシピエントの懸け橋として、また臓器移植について正しく理解していただけるように尽力していきたいとの思いをピンバッジに込めました。
今後は、普及啓発活動の中で皆様にお配りしていきたいと考えています。

最近の投稿

月別投稿一覧